大きく負けないこと

FXを始めたばかりの初心者は、勝つことよりも大きく負けないことに重点をおいてトレードをしていくのが良いです。

方法としては、ロスカットをしっかりやる、無闇にエントリーしない、小ロットでエントリーする、などがあげられます。

まだトレード技術が未熟なうちに負け続けて証拠金を大きく減らしてしますと精神的にまいって、トレードをやめてしまいたくなるかもしれません。

勝つことは一旦置いといて、防御面のほうを磨くのがトレーダーとして長生きするコツです。

追証リスク無しのXEマーケットでFXを始めよう


gdsd8ats7 FXの魅力といえば、なんといっても高倍率のレバレッジを用いることにより、小額の元手を大きな利益に膨らませることができる点ですが、高倍率のレバレッジは利益が出た時は大儲けができる一方、損失が発生した時は甚大な負債を抱え込むリスクを伴います。当然証拠金を上回るような損失が発生すれば追証という事態になり、負債の支払いに追われるようになりますが、昨今のFXブローカーは国内・国外問わず、どの業者もこうした事態を未然に防げるような回避策を取り入れているものです。その方法は業者によっても違いがあり、証拠金維持率を低く設定している業者もあれば、口座残高が少なくなった時点で自動的に決済を行うようなロスカットシステムを導入している業者もあります。

このような業者を利用すれば、通常なら証拠金額を超えるような損失額を抱えるリスクはないはずです。ただし取引には例外というものがあり、急激な為替変動によって注文が集中する事態となると、例外的に約定拒否が起きて決済不能となったり、スリッページで約定のタイミングがずれてしまうといった事が起きるのです。しかもこうした例外的な事態が起きる確率はけして低くはありません。そしてこのような事態となるとシステムによる強制ロスカットが上手く作動せず、追証という結果を招いてしまうことも起こり得るのです。

他業者とは一線を画するXEマーケットの追証ゼロサービス

このように、各業者が導入している様々な安全策も追証という事態を回避するには万全とは言えないわけですが、XEマーケットが導入している追証ゼロシステムは他業者よりも安全レベルが数段上です。全アカウントはマージンコール50%、ロスカットレベルは20%で設定されているという点については他業者の安全対策と大差ないのですが、こうした証拠金口座を24時間監視しているという点がより確実な安全対策として有効に機能しているのです。

特にFX取引を行う中で懸念されるのは、週末を挟んで取引を行うと週明けに向けて相場が大きく動転してしまい、各業者の対応が追いつかずに大きな損失が発生してしまうというケースですが、こうした多くの業者が対応できない事態でも、XEマーケットなら未然に防ぐことが可能です。万が一口座残高がマイナスとなっても追証が発生しないよう管理されていますし、約定拒否や約定滑りも起き難いのです。

また、XEマーケットといえば、FXブログ投稿でも話題となっている、最高レバレッジ888倍という業界最高水準のレバレッジが一番の魅力ですが、不測の事態となっても追証が発生しないような安全策が実施されているからこそ、安心して高倍率のレバレッジを用いることが可能になるわけです。どんなレベルの投資家も、XEマーケットなら安心・安全な取引が期待できます。入金方法が多数用意されているiForexという業者もレバレッジの高さとサポートの質の高さで人気が高まって来ています。