大きく負けないこと

FXを始めたばかりの初心者は、勝つことよりも大きく負けないことに重点をおいてトレードをしていくのが良いです。

方法としては、ロスカットをしっかりやる、無闇にエントリーしない、小ロットでエントリーする、などがあげられます。

まだトレード技術が未熟なうちに負け続けて証拠金を大きく減らしてしますと精神的にまいって、トレードをやめてしまいたくなるかもしれません。

勝つことは一旦置いといて、防御面のほうを磨くのがトレーダーとして長生きするコツです。

いろいろな手法を取り入れる


 バイナリーオプションは投資取引ですので、投資を行って利益を生み出し、運用していくことで資産を増やしていく事が目的となります。

多くのバイナリーオプションは通貨を銘柄にしており、取引のルールも「今の通貨の為替レートが、一定の時間の経過後に、あらかじめ決められている条件を達成できるか、できないか」という二者択一のものですので、無作為に投資を行っても50%の勝率を上げることができます。

しかし、投資を行う際に購入するチケット代と、予測が当たった場合に支払われる配当金の設定金額に開きがあり、配当金の方がチケット代よりもやや低く設定されているために、5割の勝率では利益を上げることができず、難の戦略も持たずに当てずっぽうで投資を行っていると、緩やかに資産を減らしていく事になってしまうのです。

バイナリーオプションの取引きで利益を上げていくためには、おおよそ6割ほどの勝率が無くてはならないと言われています。
こうしたことから、バイナリーオプションを使って資産を運用していくためには、為替レートの動きを予測したり、投資の手法にある種の戦略を用いて勝率を上げていく事が必要になってくるのです。

バイナリーオプションについて書かれた書籍や、ブログなどの投資家の体験談を呼んだりすることも充分勉強になりますし、また、多くのバイナリーオプション取引業者では、自分たちの顧客に対して、ウェブ上で投資についての知識やテクニックなどを教える記事や、動画などを配信していたりしますので、そうしたものは積極的に使っていくべきでしょう。

また、取引業者が主催するセミナーなどに参加することも有効的で、こうしたセミナーではプロの投資家や経済の専門家などを招き、現在の世界の経済の動きから、実戦的な投資のテクニックなどについての講演を行っています。

こうしたものに参加することで、他の投資家との交流をすることもできるので、身近に情報交換ができる人脈を作ることも、また大切なことです。
取引業者によっては、こうしたセミナーの過去動画を配信しているところもあるので、そうしたものを見たりするのも有益な方法になります。

バイナリーオプションは投資取引ですので、最終的なその目的は「投資を通じて利益を上げ、資産を増やしていく」という事になります。

その一環としての読書やセミナー参加、という事になるのですが、利益を上げるためのヒントは、なにもそうした投資家然としたものの中ばかりにあるとは限りません。

少し目先を変えてバイナリーオプションの仕組みを考えると、これは実は、オンラインのネットカジノゲームにもよく似ているのです。
こうしたことから、ネットゲームでの攻略法を流用するという事も可能である、という事が言えるのです。

例えば、カジノゲームのシステムベッドに「マーチンゲール法」という手法があります。
これは、まず投資する金額と二択のどちらかを定め、もしそのゲームで負けた場合には、最初の金額の倍を投資して同じ方に掛け、勝ち続けるまでこの同方倍掛を続けていくのです。
これにより、負けが連続していけば、その連敗が続く確率はどんどんと低くなっていくので、勝てる確率が上がり、一度勝てばそれまでの負け分をすべて取り返せる上に、最初のベッド分の利益が手に入る仕組みになります。

バイナリーオプションでこれを達成するためには、必要となる多量の資金の問題と、カジノゲームと違い、勝った時の配当金が投資した金額とよりも少ない設定になっている、という事を考慮しなくてはいけませんが、こうした手法も有効であるのです。

バイナリーオプションで資産を増やしていくためには、時にはこうした柔軟な発想も必要になってきますので、資産の範囲内で、いろいろなことを試していくのも良いかもしれません。