大きく負けないこと

FXを始めたばかりの初心者は、勝つことよりも大きく負けないことに重点をおいてトレードをしていくのが良いです。

方法としては、ロスカットをしっかりやる、無闇にエントリーしない、小ロットでエントリーする、などがあげられます。

まだトレード技術が未熟なうちに負け続けて証拠金を大きく減らしてしますと精神的にまいって、トレードをやめてしまいたくなるかもしれません。

勝つことは一旦置いといて、防御面のほうを磨くのがトレーダーとして長生きするコツです。

24時間いつでも取引を行うことができるXEマーケット


g6dats7 XEマーケットでは、24時間いつでも取引を行うことができるようになっています。FXとは24時間取引を行える取引なので、とても重要なポイントといえるでしょう。

なぜなら、FXで扱う銘柄は世界各国の通貨なので、地球が回っている以上は、それぞれの国のマーケットもつねに24時間どこかで動いているということができるからです。

これはトレーダーにとって、24時間いつでもチャンスはひそんでいる、と言い換えることもできるでしょう。

こうしたスケジュールをしっかり把握して、自分に合った取引時間をしっかりスケジュー稟議していけば、よりうまく利益を上げられるようになるでしょう。FX市場においては、おおむねグリニッジ標準時が基準になっているので、そのことを念頭に置いて、各国のマーケットの開場時間が示された表などを見ていけば、サマータイムや時差などについてもよりスムーズに頭に入ってくると思います。

では、具体的に各国のマーケットがいつ開かれているかを見ていきましょう。まず、FXで主要なマーケットが開かれているといえば、ニューヨーク、シドニー、ロンドン、そして東京といった都市になります。これらの上半期のマーケット開場時間を、日本時間の順に並べて見てみましょう。

シドニー市場(午前8時~午後4時)
日本市場(午前9時~午後5時)
ロンドン市場(午後5時~午前1時)
ニューヨーク市場(午後10時から午前6時)

と、以上のようになります。

また、これらのマーケットでは自国の通貨以外にも、ロンドン市場ではユーロが、ニューヨーク市場ではユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、日本円にまで動きがあるので、そのこともしっかり頭に入れておきましょう。

このようなスケジューリングにおいては、マーケットにとって非常に重要な経済指標が発表されるタイミングも考慮しておかなければいけません。たとえば、アメリカの非農業部門雇用者数、貿易収支、GDPなどがそれらの代表的なもといえるでしょう。

このような経済指標の発表によっては、一気に値が大きく動くこともよくあるので、トレーダーにとっては見逃せないものなのです。タイミング次第では、平常時では考えられないような額の利益を上げられる可能性もあるので、必ず注目しておかなければいけません。

ただし、注意しておかなければいけないこともあります。というのも、このようなことはやはり世界中のトレーダーが同じことを考えるので、アクセスも集中してトラフィックが大変混雑してしまうことがよくあるのです。オンライン上の取引では、注文が通りにくくなるだとか、スリップしてしまったりするというリスクがつねに潜んでいるわけですが、トラフィックが混雑すればその危険性も増大しかねません。そうした間に値が逆に動いていては、思わぬ損失を出しかねないこともあるでしょう。

したがってこうした取引は、あくまでFXの取引に慣れてからで、初めてのバイナリーオプションはもちろんのこと、FX初心者はむやみに手を出さないほうがいいかもしれません。